同人誌印刷 用語集「小口染」

同人誌印刷 用語集「小口染」

 

同人誌印刷 小口染

同人誌(本)の本文天地と小口を色で染める加工のこと。

上のイラストのように本文の切り口に色がついています。

ちょっと豪華な同人誌になりますね。

 

ROSA ROZZAでもメニューに載せてはいませんが、この加工もできます。

染める色は何色かありますので、選ぶことができます。

お値段はお見積りいたします。

 

この加工をやる上での注意点がいくつかあります。

 

表紙PP貼りをします。マット貼りは色がついてしまうのでできません。

 PP貼りならば色がついても拭いて落とせます。

・塗った塗料が少しだけ本文にしみてしまいます。

・できるだけ厚い(ページの多い)本のほうが加工の効果がでます。

本文に断ち切りが多い場合は色が混ざってしまいます。

 断ち切りのない絵柄のほうが小口が綺麗になります。

本文の紙はコート紙やマット紙は使えません。

 上質紙コミック紙(白)を使いましょう。

 

小口染の主な目的は、以下の通りです。

 

●仕上げの美しさ

小口を染めることで、本の外観をより美しく仕上げます。

特に、白い紙の小口が目立ってしまう場合や、印刷した色と小口の色を統一するために行われます。

 

●ページの保護

小口を染めることで、ページの端が保護され、紙質が強化されます。

特に、ページの端が目立つ場合や、耐久性を高めたい場合に効果的です。

 

小口染は通常、以下の方法で行われます。

 

●塗り込み染め

インクをスポンジやブラシなどを使って、手作業で小口に塗り込む方法です。

この方法は手間がかかりますが、色を均一に塗りつぶすことができます。

 

●スプレー染め

小口にインクをスプレーする方法です。

インクを均一に吹き付けることで、比較的短時間で効率的に染めることができます。

 

小口染は、同人誌を美しく仕上げるために重要な工程です。

紙の端がきれいに仕上がることで、読者に対する印象を向上させ、本の質感や品質を高めます。

 

同人誌印刷の定番「BASICパック」

表紙を特殊紙に「特殊紙カラー表紙パック」

フルカラー同人誌「オールカラーパック」

表紙と本文が同じ紙「折り綴じ本パック」

特典多数「無料メール会員」募集中

同人誌印刷 ROSA ROZZA

同人誌印刷 ROSA ROZZAのコンセプト

ページのTOPへ移動します。