同人誌印刷 用語集「印刷用語 れ」

同人誌印刷 用語集「印刷用語 れ」

 

【 レイテストニュース装置 】
新聞輪転機につける、追加記事刷りこみ用印刷装置。取りつけは本機の圧胴を用い、版胴は本機の1/2径とするものが一般的である。

本印刷で空白にしておいた部分に刷りこむかあるいは本印刷上に色インキを刷り重ねる。

【 レインボー印刷 】
印刷で用紙の一方向を複数の色で刷り分け、かつ隣り合った色間をにじませ虹色のように表現する方法。

印刷機のインキ壺内に複数の堰を作り複数色のインキを各々の堰で仕切られた区画に入れ、インキ装置の横振りを止め隣あったインキの境界をにじませて印刷する。


【 レーザー製版 】
カメラ、焼枠などを使わずにレーザービームを電気的に制御して直接印刷版を作る製版方法。

【 レジスターマーク 】
見当合わせに用いるマーク。

4色の色および原版を重ねたとき、その位置精度が正確に重なっているかを目視およびルーペを使用した目視で確認するためのマーク。

【 レジューサー 】
印刷インキの固さや粘りを調整するときに加える、一種の希釈剤。

【 レターセット印刷機 】
活版印刷をオフセット印刷と同じようにゴム胴に印刷してから圧胴によって紙に移す方式の印刷機。

【 レタッチ 】
製版作業において、色分解された写真原稿のフィルムの調子再現を変更するため、増減力処理を施すこと。

【 連 】
紙および板紙の取引上の一単位。

わが国では平判の場合は規定寸法に仕上げた紙1000枚、板紙の場合は100枚を一連とする。

【 連続階調 】
写真原稿、グラビアコンペンショナルなど、連続的に濃度の変わる階調。

【 連続伝票用紙 】
コンピュータ処理の最終結果の記録に用いられる紙。

【 連続封筒 】
封筒が連続的につながった状態のものであり、ミシン目などで折られている。

【 練肉機 】
印刷インキを製造する機械の総称。顔料をビヒクル中に練和分散させる機械で、代表的なものは3本ローラーミルで主として粘度の高いオフセットインキの製造に用いる。

【 連量 】
1連の紙の重量。わが国ではキログラムで表す。

 

同人誌印刷の定番「BASICパック」

表紙を特殊紙に「特殊紙カラー表紙パック」

フルカラー同人誌「オールカラーパック」

表紙と本文が同じ紙「折り綴じ本パック」

特典多数「無料メール会員」募集中

同人誌印刷 ROSA ROZZA

同人誌印刷 ROSA ROZZAのコンセプト

ページのTOPへ移動します。