印刷知識

なぜ乱丁ができてしまうのか

丁合機

 

同人誌など本になったとき「乱丁」という現象がおこることがあります。

悲しいですが、、、

なぜこういうことがおこってしまうのか、その理由です。

 

先日、こういう記事を書きました。

本のページの作り方|印刷知識|同人誌印刷 ROSA ROZZA

印刷した後にどうやって本のページを作るのか。

大きくわけて2種類の方法をご紹介しました。

一つはページをバラバラに切って、順番に並べる方法。

もう一つは16ページ単位や8ページ単位で印刷した紙を折ってページを作る方法。

今日は、一つ目のページをバラバラにしてページを作る方法について書きます。

 

本文を印刷した後、ページをバラバラに切ります。

そして、上の写真の「丁合機」という機械でページを順番に並べます。

コピー本などと同じ方法ですね。

これを機械でやるわけです。

乱丁がおこる原因はなんとなく想像つくと思います。

・丁合機に乗せるページを間違えてしまった。

・裏表、天地を逆に乗せてしまった。

丁合機は紙を乗せる枚数が限られるので、乱丁はその乗せた分のみになります。

 

また、基本的に機械を調整し、センサーもあるのであまりないのですが、

・同じページを2枚丁合してしまった。

・紙が滑ったなどで丁合していないページが出てしまった。

この場合は乱丁が1冊とか、まれにおきてしまう現象です。

 

ページをバラバラにして順番に並べるので、乱丁の理由は手作業と同じですね。

順番に並べるのは機械なので、速いしセンサーもついているので間違えは少なくなります。

 

次回は折ってページを作る製本方法での乱丁について書きます。

あまり良い話しではないのですが、、、

ご参考になれば嬉しいです。

 

ページのTOPへ移動します。