印刷知識

印刷用とWEB用の画像の違い

同人誌印刷 解像度


Web(画面上)で表示する画像と印刷物に使う画像はちょっと違います。

同じ画像を無理やり使ってもいいのですが、不便なことがおこります。

Web用(画像表示用)と印刷用は画像の解像度が違います。

 

解像度とはその画像のキメの細かさ。

Web用は一般的には72dpi

印刷用は一般的には350dpiか600dpi(カラーとモノクロ)

この「dpi」とは1インチの中にピクセル(点)がいくつあるか。

72dpiなら72個ということです。

 

印刷用の画像をWebで使うと、使えますがデータが重くなるので画面の表示が極端に遅くなります。

Web用の画像を印刷に使うと、目が粗いのでガビガビになってしまいます。

でも、これよく見るんですよ。

印刷物を見ると「ホームページからもってきたな」とわかるもの。

ちらしの商品とかに多いです。

沢山載っているうちのいくつかにあったり。

ホームページにある素材集を使ったデータを印刷物にするとこうなってしまいます。

刷ってみたら、ガビガビになったことありませんか?

当社にもそういうデータはたまに持ち込まれます。

売っている素材集ではWeb用と印刷物用が分かれているものもありますね。

キレイに印刷したい時にはちょっと気にしてみて下さい。

 

ご参考になれば嬉しいです。

ページのTOPへ移動します。