印刷知識

同人誌の豪華仕様「フランス表紙」

同人誌印刷 フランス表紙

 

同人誌を豪華な仕様にしたいときの一つのやり方、

「フランス表紙」というものがあります。

別名「小口折り」「ガンダレ」とも呼ばれます。

どういう仕様かというと、表紙を長くして長くなった分を内側に折る。

カバーのように表紙が内側に折られている仕様です。

豪華ですね。

 

実はこれ、製本に手間がかかるのです。

通常の同人誌ですと本文に表紙をくるみ、最後に背以外の3方を切って仕上げます。

ところがフランス表紙の場合、表紙が内側に折られているため仕上げに上下は切れるのですが、

折られている面(小口)を切ることができません。

そのため、一度別の紙で表紙をくるむか、背を糊でかため、一回製本します。

そして最後に切れない小口を切ります。

その後に実際の表紙になる小口が折られた表紙をくるみ、上下だけ仕上げに切ります。

製本を2回するような感じですね。

 

また、仕上がった時に折られた表紙が本文とピッタリになるか

ほんのコンマ数ミリ表紙のほうが大きくなるようにしなければなりません。

表紙が本文より短いとかっこ悪い、、、

その計算、精度も必要になります。

 

このような仕様ですが、ROSA ROZZAならできます。

同人誌を豪華にしたい!

と思ったら是非ご相談ください。

よろしくお願いいたします。

ページのTOPへ移動します。