印刷知識

本が出来てやっとわかった、凝った本

同人誌印刷 凝った装丁

 

以前作った同人誌で、これは凝った装丁だな、という本をご紹介します。

原稿を見ても、印刷をしていてもその時はわかりませんでした。

本ができて初めて、そういうことだったのか!

という装丁の同人誌です。

 

どういう本かというと、

本文の原稿の下のほうに毎ページ、バーコードのよううな絵柄があります。

ページごとに絵柄が違うようなのですが、バーコードのようなランダムな縦線なので、

何の意味があるのかわかりませんでした。

そのまま印刷をし、製本をしました。

製本は本文をページごとに並べ、表紙をくるみ、最後に背以外の3辺を断裁します。

仕上げ断裁というもので、それで完成です。

 

この本は完成した時にわかりました。

本を下から見ると文字が浮かんでいます。

そう、バーコードのようなものはページごとに変えることにより

文字が描かれるようになっていたのです。

完成した時に感動してしまいました。

 

これを応用すれば、下だけでなく、上、小口など3辺どこでもできますね。

今日は過去に作った同人誌のご紹介でした。

 

ページのTOPへ移動します。