印刷知識

変形サイズの本

同人誌 変形本

 

同人誌や他の本でも、だいたい規格サイズの大きさがほとんどです。

A5、B5、A4など。

では変形のサイズはできないかというと、ほとんどのサイズはできます。

正方形とか長方形とか。

印刷して製本して、最後に仕上げで切る時にその大きさに切ればよいだけなので。

ただ、大量の本になると手間はかかります。

 

できないのは角が直角でない本。

紙や本を切る「断裁機」という機械は角が直角にしか切れません。

大きさはコンマ数ミリ単位で変えられるのですが、基本直角。

もしどうしても直角でない本を作りたい時は型を作って抜く作り方があります。

型を作ればどんな変形サイズでもできますが、時間とコストがかかります。

 

変形サイズの場合は最後にその大きさに切るだけなのでコストはかからないですが、

だいたいの場合は紙を無駄にしてしまいます。

印刷に使う紙は規格サイズのものを作るのにちょうど良く作られているから。

とはいっても紙を無駄にしたくないので、B5サイズの場合だと16p単位で印刷するところを

正方形の本ですと12p単位で印刷したりします。

 

こんな形の本が作りたい!

という場合はご相談にのりますので、是非。

 

ページのTOPへ移動します。