印刷知識

印刷用語「毛一本」

印刷用語

 

印刷の現場では「毛一本」という言葉を使います。

これは例えの表現なのですが、どんな時に使うのでしょうか。

 

カラー印刷での場合をお話します。

カラーは通常、赤・青・黄・黒の4色で印刷します。

この4色がピタリと位置が合っていないとぼやけた印刷になります。

通常はトンボという線で合わせます。

綺麗に4色合った場合はトンボが一本に見えます。

ところが位置がずれていると、その色がトンボから外れて色が見えます。

そのずれ方が「毛一本」と言い、毛の太さ一本分だけずれているという表現をします。

「赤が毛一本ずれている」というように。

毛一本とはコンマ何ミリなので細いイメージがあると思いますが、

そのくらいの精度で印刷をしています。

 

ご参考になれば嬉しいです。

 

ページのTOPへ移動します。