印刷知識

間違えを隠したい時

訂正シール 印刷会社

 

よくあるのが品物の定価を変えたい時、

文字が間違っていた時、

住所が変わった時、

など、印刷物を作り直すほどではなく、数文字とか一行とか変更したいとき。

こんな場合は「訂正シール」というものに変更後の文字の印刷をして貼ることがあります。

 

この訂正シールは普通のシールと違います。

上から貼った時に、下の文字が見えないように透けない素材を使っています。

訂正シールをはがして見るとわかるのですが、ベタベタした面がグレー色です。

これは透けない素材を使っているから。

普通のシールはその紙の色なので、白い紙のシールならベタベタした面も白です。

 

シールの印刷を依頼されたとき、普通のシールか訂正に使うものか見分けなければなりません。

訂正の場合はそれ用のシールを使います。

 

訂正されたシールって剥がしてみたくなりませんか?

元の値段はいくら?

とか思ってしまうのは私だけでしょうか・・・

もし剥がした時はシールのほうも見てください。

ベタベタの面がグレーになっていますので。

 

ご参考になれば嬉しいです。

 

ページのTOPへ移動します。