印刷知識

現場の職人さんが着てはいけない服

印刷機 製本機

 

印刷や製本の現場ではいろいろな機械があります。

気をつけなくてはいけないのは怪我。

場合によっては機械で大怪我になることもあります。

 

大怪我を防ぐために職人さんは服にも気をつかいます。

着てはいけない服は袖や上着の裾がヒラヒラしたもの。

機械を操作するときに服が巻き込まれてしまうからです。

職人さんは袖がしっかりしまったものを着て、裾はズボンの中に入れます。

 

印刷や製本の機械は紙を送り込むためにローラーが回転している部分が多いです。

そこに服が巻き込まれてしまうんですね。

服が巻き込まれても機械は止まりません。

緊急ストップボタンを押して止めますが、近くにボタンがないと大変なことになります。

印刷中は高速で回転していますが、ゆっくり回転している時でも同じです。

 

印刷物を綺麗に早く作ることも大事ですが、安全はもっと大事ですよね。

 

ページのTOPへ移動します。