印刷知識

印刷会社が言ってはいけないこと

印刷機 印刷会社

 

いろいろな業界にはその業界ならではのルールというものがあります。

印刷会社にもルールがあります。

 

印刷会社は情報を紙に印刷して品物にするところ。

ですので未発表の情報が集まります。

雑誌などは書店やコンビニに並ぶ前に見ることができます。

(少年マガジンは発売の前の日に読むことができました。)

そのような業界なので秘密にしなければならないことが多いです。

 

以前、大企業の役員改訂の案内を印刷したことがあります。

発表前でしたので、その会社の方が数名きて、少しでも文字が印刷されたものは

全て持って帰りました。

ですのでよく「秘密保持契約」というのを結び、秘密は外部に漏らしませんよ

という契約をします。

 

契約を結ばなくてもこれは言ってはいけないという項目があります。

当社が特に外部に漏らさないように気にしているのは印刷の「部数」と「値段」

もちろん他の項目も漏らさないようにしています。

たまに知り合いだと気軽に「○○は何部くらい印刷してるの?」

と聞かれたりしますが「それは秘密です」と答えます。

 

もっというと、「それを当社で印刷しています」というのも秘密にする場合が多いです。

同人誌や書籍などは奥付に印刷会社が書いてあるので秘密にはしませんが、

奥付等がなく、どこで印刷したかわからない時は秘密にするか、

もし当社で印刷したことを言いたい場合はその会社さんに許可をとります。

 

情報を漏らしてしまったら会社の信用がガタ落ちですからね。

秘密にすることを心がけています。

 

ページのTOPへ移動します。