印刷知識

紙質でどのように厚さが変わるか

印刷用紙の厚さ

 

紙の厚さを表すのに「○○kg」と重さで表示します。

上質90kg、上質110kgとか。

これは決まった大きさの紙1000枚の重さです。

重さで厚みを表しているので、紙質によって同じ重さでも厚さは変わります。

 

カラーの印刷によく使うコート紙は紙の表面に塗料が塗ってあります。

その分、上質紙よりも重くなります。

なので、上質紙に比べてコート紙は同じ重さでも厚みは薄くなります。

逆にアドニスラフやコミック紙は軽いので上質紙と同じ厚みのものは軽いです。

 

このように紙質で厚さが変わるので、上質90kgの本文の中にカラー口絵など

コート紙を使う場合は同じ90kgを使うと口絵だけ薄く感じるので、

この場合はコート110kgを使ったほうが厚さのバランスがよくなります。

 

同人誌で本の厚さを厚くしたいけど重くしたくない場合はコミック紙など

軽い紙を使うとよいですね。

少しお値段が高くなりますが。。。

 

ご参考になれば嬉しいです。

 

ページのTOPへ移動します。