印刷知識

紙の天敵は?

印刷用紙

 

紙の天敵はなんでしょう?

その一つが雨。

今日は雨が降っているのでこのお話をします。

 

紙は雨に濡れるとどうなるかというと、

ファッション雑誌などに使われているコート紙は紙がくっついてしまいます。

表面の塗料が溶けて糊になってしまうので。

雑誌に水をこぼして濡らして、ページがくっついてしまった経験はありませんか?

水一滴でも垂らしたらくっついてしまいます。

 

上質紙ならくっつく心配はありませんが、シワシワになってしまいます。

印刷する前に濡らしてしまうと、印刷できません。

シワシワな紙は印刷機にうまく入っていかないのです。

 

紙は濡れてはいけないので、紙を買うと水をはじく素材の包装紙でくるまれています。

または上の写真のようにラップといって

サランラップのようなものでグルグル巻きにされて、水に濡れないようになっています。

 

ROSA ROZZAでも同人誌を包む包装紙は片面が水をはじく素材になっていますので、

水がかかっても大丈夫なようになっています。

隙間から水が入ったらダメですけどね。

 

今日のような雨の日は紙を運ぶのに気を使います。

紙を運ぶトラックの運転手さんは手間がかかり、神経を使う日です。

 

ページのTOPへ移動します。