印刷知識

変わった紙を3つご紹介します

特殊紙

 

いわゆる「特殊紙」というのはたくさんの種類があります。

ROSA ROZZAでパックの表紙に使っているのは、

NTラシャ、サーブル、ボス、マーメイド

フルカラー印刷をするので白を使いますが、色もたくさんあります。

これ以外に、普段めったに見ない特に変わった紙を3つご紹介します。

 

1.形状記憶紙

紙の裏から棒などでグリグリ押すと、形がそのままになります。

盛り上がるというわけです。

以前見たのは、この紙を使い女性の水着姿の印刷がされていました。

裏から胸の部分を押し出すと、胸が飛び出るというわけです。

また、この紙を使ったお皿などもありました。

 

2.熱で透明になる紙

通常は白い紙ですが、熱をかけるとその部分が透明になる紙です。

透明といってもスリガラス位ですね。

本の表紙に使った時は、タイトルをインクで印刷をせず、透明にしました。

箔押しのようにホットスタンプで熱をかけて透明にします。

 

3.表面が桃のような紙

そう、手触りが桃です。

あの独特の毛羽立ったような感じ。

桃の写真を印刷すると、ほんとうの桃みたいになります。

 

このような紙があります。

しかし、ほとんど見ませんね。

なぜなら高いから。。。

印刷のように大量に使う場合はコストがかかりすぎてしまいます。

通常の上質紙の30~50倍くらいの値段がします。

 

高くても使いたい!

という場合は是非ご相談お待ちしております。

ご参考になれば嬉しいです。

 

ページのTOPへ移動します。