印刷知識

見る角度で絵が変わるのはなぜ?

特殊印刷

 

よく小さいカードなどで、見る角度によって絵が変わるものがありますよね。

右や左に傾けて見ると絵が2種類パタパタと変わるもの。

あれはどうなっているのでしょうか?

小さい頃不思議に思いました。

 

まず台紙になる紙に1ミリ位の幅で交互に2種類の絵を印刷します。

絵が交互に印刷されているので、それだけ見ると何だかわかりません。

この台紙の上にそれと同じ1ミリ位の幅の波状のフィルムを貼ります。

すると、表面が波状になっているので屈折率の関係かどちらかの絵しか見えなくなります。

こうして左右に傾けて見ると片方の絵づつ見えるのです。

 

こういう印刷物は表面を触ってみるとザラザラの波状になっていますよね。

簡単にご説明するとこのような原理になります。

 

ご参考になれば嬉しいです。

 

ページのTOPへ移動します。