印刷知識

本を手にとった時、見てしまう部分

製本、背、奥付

 

同人誌や一般の書籍でもそうですが、本を手にとった時に反射的に見てしまう部分があります。

いわゆる職業病ですね。

 

表紙のデザインやタイトルなどもサッと見ますが、

その次に見てしまうのが本を閉じて上から、いわゆる背の部分です。

背の糊の付き具合を見てしまいます。

ここを見るとある程度製本方法もわかります。

また、厚い本ならわかりませんが背が2ミリとか3ミリとか薄い本の場合、

背の角がきちんと出来ているかが気になります。

だいたいの場合、角がキチンとあるもの、丸まっていないもののほうが製本では良いとされています。

 

もう一箇所見てしまうのが奥付。

印刷・製本をどこでやっているのか?

気になって見てしまいます。

印刷業界は割と狭いので「ここで印刷したのかー」など思います。

他にも加工方法、紙質、インクののりなども気になります。

 

本を作る仕事をしていると、本の内容以外でも気になる所がたくさん出てきますね。

ご参考になれば嬉しいです。

 

ページのTOPへ移動します。