印刷知識

選挙に使う投票用紙の秘密

投票用紙 ユポ

 

ちょうど衆議院選挙があるので思い出しました。

選挙に投票に行ったとき、投票用紙に立候補者の名前を書きます。

この投票用紙の秘密です。

 

投票に行って、紙に書いた方ならわかると思いますが、普通の紙と違いますよね。

書き味がなんかぬるっとしている(私はこの書き味が好きです)紙です。

この紙は「ユポ」といって「合成紙」という分類になります。

合成紙の主原料は通常の紙で使われているパルプではなくて、合成樹脂です。

なぜこの紙が投票用紙に使われているかというと、「折れない」からなのです。

正確に言うと、折っても開いてしまいます。

 

投票では紙に立候補者を書いて、その紙を二つ折りにして投票箱に入れます。

ユポ紙は折っても開いてしまうので、投票箱の中で真っ直ぐに開きます。

そうすると開票の時に、もう紙が開いているので楽なのです。

 

他にもユポは破れにくく水にも強いので野外に貼る選挙ポスターや、

手帳の住所録リフィルなどに使われています。

 

投票に行ったら書き味と、折ってからしばらく観察してみてください。

開いてしまいますので。

 

ご参考になれば嬉しいです。

ページのTOPへ移動します。