印刷知識

紙の表と裏

紙の表、裏

 

紙の種類によりますが、紙には表と裏があって微妙に質が違います。

特殊紙などはよく分かりますね。

表は色が濃かったり、凹凸がはっきりしていたり、柄があったり。

 

一般的によく使われている上質紙は表と裏はほぼ差がありません。

コピーなどで使うときも気にしませんよね。

しかし、厳密にいえば差はあります。

写真などを印刷して、なんかガサガサしてるな、、、

と思ったとき、紙を裏返して印刷するとガサガサが少なくなったりします。

紙によっては仕入れた時に梱包に「裏面が上」とラベルに書いてあるものもあります。

アートポストやコート紙などは表裏がありません。

表面が加工されているため、表も裏も同じような状態になっています。

 

そういえば小学生の頃、画用紙に水彩絵具で絵を描くときに画用紙の表と裏を確認しませんでしたか?

今はわかりませんが、裏に絵を描くと画用紙がボロボロ剥がれてきた記憶があります。

 

まれに、特殊紙に印刷した時に間違えて裏に印刷してしまい

「しまった!」という悲しいこともあります、、、

気を付けないといけませんね。

 

ページのTOPへ移動します。