印刷知識

太陽の光に強い印刷物

超耐光インク 同人誌

 

最近では見かけなくなりましたが、昔は選挙のポスターなど、

太陽の光で色が落ちてしまい薄くなったポスターを見かけたことがよくありました。

実は野外で使う印刷物と、室内で使う印刷物ではインクを変えています。

 

印刷のインクの色は「顔料」という材料を使っています。

この顔料の種類で光に強い、弱いの差がでます。

印刷用で光に強いものは「超耐光」や「ディスプレイ用」といって野外で使う印刷物に使います。

これを使わないと、太陽の光に負けて色が落ちてしまいます。

 

太陽光に強いインクの代表が自動車に使われているもの。

常に野外のため、しかも何年も色落ちしないように光に強い顔料を使っています。

逆に弱いのが蛍光色など。

学生の頃、教科書や参考書に引いた蛍光のアンダーライン、

外に置いておくとたぶん1日くらいで色が落ちてしまいます。

 

同人誌は室内で使うことを想定しているので普通のインクを使っています。

しかし、もし野外で数日間行われるイベントがあったら、、、

表紙は超耐光インクを使わなければいけませんね。

 

ご参考になれば嬉しいです。

ページのTOPへ移動します。