印刷知識

印刷会社がこっそりやっている節約方法「どん天」

印刷会社 どん天

 

印刷会社はなるべくコストがかからないように工夫しています。

そのうちの一つ「どん天」というやりかた。

これは版の数を半分に減らす印刷会社の裏ワザです。

どのような方法なのかご説明します。

 

チラシなど紙の両面に印刷をする原稿があったとします。

両面カラー4色なら印刷に使う版は表4版、裏4版で合計8版が必要になります。

これを4版に減らす方法です。

 

例えばA4のチラシをA3の紙に印刷するとします。

チラシの大きさの倍の紙に印刷するので、「2面」といって原稿を横に2つ並べて印刷します。

1000枚のチラシなら2面で印刷するので500枚刷り、後で半分に切れば1000枚できることになります。

この時、表の原稿と裏の原稿を横に並べて版を作ります。

まず片面を500枚刷り、版はそのままで紙だけひっくり返してまた500枚刷ります。

すると、表裏逆になった2面の印刷物が仕上がります。

これなら表4版、裏4版の計8版は使わなくてすみ、表と裏を横に並べた4版ですみます。

 

ちょっとわかりにくいですが、コピーでも実験できます。

A4の両面コピーの場合、表と裏を横に並べてA3の紙にコピーします。

原稿はそのままにして紙だけひっくり返してコピーすると、表裏がコピーされたものが2枚できます。

 

このようなコストダウン方法があるのですが、どん天をやるには条件があります。

紙の裏表がないもの、原稿の絵柄、枚数など。

印刷会社さんによってはどんな条件でもどん天はやらない会社さんもあります。

ですので、「どん天にして安くしてください」と言われても難しいのでご了承ください。

条件が重なった時に印刷会社がこっそりやる方法です。

 

このように工夫して、なるべくコストを抑えるようにしています。

 

ページのTOPへ移動します。