印刷知識

印刷に使う版「CTP」

印刷に使う版 CTP

 

同人誌など、入稿されたデータを印刷するためにはまず「CTP」という版を作ります。

CTPとは、Computer to Plateの略、アルミでできています。

 

まず、入稿していただいたデータはサイズや解像度などいろいろなチェックをします。

チェックしてオッケーならデータをLIPや、本文なら面付けソフトなどを通し、

CTPの出力機に送ります。

送られたデータはアルミ製のCTPに焼付られ、現像され出てきます。

この現像されたCTP版を印刷機に取り付け、印刷します。

 

CTPがない時代はデータをフィルムに出力してそれをアルミ版に焼き付けたり、

アナログなら一度撮影してフィルムにしてアルミ版にしていました。

版になるまでの工程が多かったので時間もコストもかかりました。

また、精度もCTPより落ちます。

 

CTPができてからスピードも上がったし、精度が高くなったので随分と便利になりました。

ページのTOPへ移動します。